Dual LAN 4ベイで最安クラスのSynologyNAS DS416 を買ってみた-4TB HDD×4台構成 SHR

以前Synologyの2ベイNAS DS215jを買って、使い勝手が良いのと速度的にも2万円のNASとは思えないくらいの実力を持っていたので、次買うNASもSynologyと決めていました。
HPのMicroserverにインストールしたWHS2011のサポートが切れたのにそのまま使っていて、もうそろそろやばそうなので、4ベイのNASを買うことにしました。

DS416はSynologyの4ベイモデルのラインナップ

モデル名 DS916+ DS416play DS416 DS416j
CPU
CPUモデル Intel Pentium N3710 Intel Celeron N3060 Annapurna Labs Alpine AL-212 Marvell Armada 388 88F6828
CPUアーキテクチャ 64-bit 64-bit 32-bit 32-bit
CPU 周波数 クアッドコア 1.6 burst up to 2.56 GHz デュアルコア 1.6 burst up to 2.48 GHz デュアルコア 1.4 GHz デュアルコア 1.3 GHz
ハードウェア暗号化エンジ
ハードウェア暗号化エンジ (AES-NI)
ハードウェア コード変換エンジン H.264 (AVC)、H.265 (HEVC)、MPEG-2 および VC-1;最大解像度:4K (4096 x 2160);1 秒当たりの最大フレームレート (FPS):30 H.264 (AVC)、H.265 (HEVC)、MPEG-2 および VC-1;最大解像度:4K (4096 x 2160);1 秒当たりの最大フレームレート (FPS):30
メモリ
システム メモリ 2 / 8 GB DDR3 1 GB DDR3 1 GB DDR3 512 MB DDR3
プリインストールされたメモリ モジュール
プリインストールされたメモリ モジュール
メモリスロット数  なし 増設不可   なし 増設不可
メモリの拡張上限
ストレージ
ドライブ ベイ 4 4 4 4
拡張ユニット使用時の最大ベイ数 9
互換性のあるドライブ タイプ* (サポートされるすべてのドライブはこちら)
  • 3.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA SSD
  • 3.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA SSD
  • 3.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA SSD
  • 3.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA SSD
最大内部生容量 40 TB (10 TB HDD x 4) (容量は RAID タイプにより異なります) 40 TB (10 TB HDD x 4) (容量は RAID タイプにより異なります) 40 TB (10 TB HDD x 4) (容量は RAID タイプにより異なります) 40 TB (10 TB HDD x 4) (容量は RAID タイプにより異なります)
拡張ユニットによる最大 Raw 容量 90 TB (10 TB HDD x 9) (容量は RAID タイプにより異なります)
最大シングル ボリュームのサイズ
  • 108 TB
  • 108 TB
  • 16 TB
  • 16 TB
ホットスワップ可能なドライブ
外部ポート
RJ-45 1GbE LAN ポート 2(Link Aggregation / フェイルオーバー対応) 2(Link Aggregation / フェイルオーバー対応) 2(Link Aggregation / フェイルオーバー対応) 1
RJ-45 10GbE LAN ポート
SFP+ 10GbE LAN ポート*
USB 2.0 ポート 1
USB 3.0 ポート 3 3 3 1
eSATA ポート 1
拡張ポート
SD カードリーダー
SDCopy
USBCopy
PCIe
PCIe 拡張
アドインカードのサポート
ファイル システム
内部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT4
  • EXT4
外部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+
  • exFAT*
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+
  • exFAT*
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+*
  • exFAT*
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+*
  • exFAT*
メモ
  • exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
  • exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
  • HFS+ は、読み取り専用で、最大 2 TB のボリュームサイズです。
  • exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
  • HFS+ は、読み取り専用で、最大 2 TB のボリュームサイズです。
  • exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
外観
外寸(高さx幅x深さ) 165 mm x 203 mm x 233.2 mm 165 mm x 203 mm x 233.2 mm 165 mm x 203 mm x 233.2 mm 184 mm x 168 mm x 230 mm
重量 2.04 kg 2.04 kg 2.04 kg 2.21 kg
その他
システムファン 92 mm x 92 mm x 2 pcs 92 mm x 92 mm x 2 pcs 92 mm x 92 mm x 2 pcs 80 mm x 80 mm x 2 pcs
ファン速度モード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
  • 低電源モード
簡単に交換できるシステム ファン
ワイヤレス サポート(ハードウェア キー)
輝度調整のためのフロント LED インジケータ
電源復旧
ノイズレベル* 19.4 dB(A) 19.4 dB(A) 20.2 dB(A) 19.1 dB(A)
電源をオン/オフに予約する
Wake on LAN/WAN
電源ユニット / アダプタ 100W 90W 90W 90W
AC 入力電源電圧 100V から 240V AC へ 100V から 240V AC へ 100V から 240V AC へ 100V から 240V AC へ
電源周波数 50/60 Hz, 単相 50/60 Hz, 単相 50/60 Hz, 単相 50/60 Hz, 単相
消費電力* 30 W (アクセス)
13 W (HDD ハイバネーション)
29 W (アクセス)
12.5 W (HDD ハイバネーション)
31.96 W (アクセス)
10.14 W (HDD ハイバネーション)
21.6 W (アクセス)
12.75 W (HDD ハイバネーション)
英熱量 102.4 BTU/hr(アクセス)
44.4 BTU/hr(HDD ハイバネーション)
99.02 BTU/hr(アクセス)
42.68 BTU/hr(HDD ハイバネーション)
109.13 BTU/hr(アクセス)
34.62 BTU/hr(HDD ハイバネーション)
73.75 BTU/hr(アクセス)
43.53 BTU/hr(システム ハイバネーション)
冗長電源(xs+ およびRP モデル)
環境温度
動作温度 5°C から 40°C(40°F から104°F) 5°C から 40°C(40°F から104°F) 5°C から 40°C(40°F から104°F) 5°C から 40°C(40°F から104°F)
保管温度 -20°C から 60°C(-5°F から140°F) -20°C から 60°C(-5°F から140°F) -20°C から 60°C(-5°F から140°F) -20°C から 60°C(-5°F から140°F)
相対湿度 5% から 95% RH 5% から 95% RH 5% から 95% RH 5% から 95% RH
認証機関
  • FCC Class B
  • CE Class B
  • BSMI Class B
  • FCC Class B
  • CE Class B
  • BSMI Class B
  • FCC Class B
  • CE Class B
  • BSMI Class B
  • FCC Class B
  • CE Class B
  • BSMI Class B
保証 3 年 2 年 2 年 2 年
適用可能な延長保証

Synologyの4ベイのラインナップの中で一番安いのはjが付くモデルで”DS416j”です。


DS215jで少しだけ気になっていたのはメモリ不足。
DS416jはDS215jと同容量の512MBで増設もできない。
メモリはせめて1GBはほしい。
あとはDual Lanがほしい。
HPのMicroserverはPCIスロットがあるから、もしLANカードが壊れても拡張ができるけど、NASのLANモジュールがもし来れたら、その段階で使えなくなってしまいます。
あとは先日LAGに対応したスイッチを購入したので、どうせなら複数台同時アクセスをしても、速度がある程度確保される方がよいかと思いました。
本当は64bit CPUのDS416playかDS916+が良かったのですが、予算オーバーかつファイルサーバーとして4ドライブでRAIDが組めてDual LANが最低条件だったので、DS416にしました。

 
手元にWD REDの4TBが2台あったので、一緒に4TBのWD REDを2台購入しました。

あえて旧型のWD40EFRXを買いました。
今買うなら後継機種のWD40EFRX-RT2ですね。
WESTERNDIGITAL HDD 4TB WD Red NAS RAID 3.5インチ 内蔵HDD WD40EFRX-RT2
ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥22,385(2022/05/22 15:21時点)

DS416は十二分に使えます

使い勝手はこれまで使っていたDS215jと一緒。
DS215jは2ベイモデルなので、3TBのHDDを2台でRAID1で使っていました。
それを4TB×4台に拡張して、さらにSHR(Synology独自のRAID)で1ボリュームで約11.8TBになりました。
新品で4TBのHDDを2台買と4万近くなるので、どうしようかなやんでいましたが、奮発して最初から4台構成にしてよかったです。
1ボリュームで10TB使えると、かなりゆとりがあります。
これまで写真と音楽のデータばかり保存していましたが、それ以外のデータも入れられるようになり、各段便利になりました。
WHS2011に入っているデータの中から絶対に消えたら困るデータをを引っ越ししました。
DS416はUSB 3.0端子があり、簡単にHDDの増設ができます。
さらに、USBで増設したHDDはLAN上で共有できるだけでなく、ブラウザでNASにログインしたあとに、NAS上のGUIで移動やコピーができます。
PC経由でファイルを移動するより速く、快適にバックアップできました。
ファイルサーバー機能だけであれば上位機種は不要と思いました。

NASに動画変換機能は必要か?

私はレコーダーに関しては得意分野なので、NASにテレビの録画データを入れてどうすんだ?と思っています。
NASの動画の機能も変換も、いるか?、使うか?って感じがします。
プロテクトがかかっている動画はDTCP-IPが必要になりますが、それをNASに入れるのではなくて、レコーダーにそのまま入れておけばいいじゃんと思います。
DS416playを初めて見たとき、いいじゃん!って思ったんですが、「使わないな」とすぐに冷めてしまいました。
餅は餅屋じゃないですけど、テレビの動画をわざわざDTCIP経由でNASに突っ込むのはナンセンスだと思います。
NASにダビング/移動するのにする時間がかかりますし、レコーダーが折角打ってくれたCM部分のチャプターを引き継げない場合もあるので、テレビで見るときにめんどくさいです。
レコーダーであれば自宅にいるときはテレビで見れますし、ネットワーク内の他のレコーダーからでも再生できます。
お部屋ジャンプ的な機能を利用すれば、レコーダーをどこに置いておいても、ちゃんとテレビで見れます。
当然スマホのアプリから宅外視聴もできます。
私は結局、去年買ったDBR-Z610改2TBに4TBの外付けHDDを追加して、動画倉庫にしています。
DBR-Z610はseeqvaultにも対応しているので、最終的にはseeqvault HDDを最終保存先にしようと思っています。

まとめ

synology問わず、2ベイのNASを使っている方で、容量が足りなくなってきたよってことであれば、ds416はかなり有用だと思います。
10TB以上の保存領域、ファイルサーバーとして十分な速度、スペックを持っています。
アプリをたくさんインストールをして、いろいろなことをやろうとお考えでしたら、上位機種をお勧めします。
私はPCのドキュメントファイルはすべてNASに置いているのでデータファイル、音楽ファイルの共有程度しか使わないのであれば、上位機種不要です。
NASは4万円弱で購入できましたが、HDDを4台買ったのがかなりの痛手になりましたが、これを機に古い外付けのHDDの整理をしようと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました