東芝の全録レグザサーバーD-M430を使ってみて

BDレコーダー

レグザサーバーD-M430は画質があまりよくない。

高中低の設定で改善をされるといえばされるが、エンコーダーの素質があまりよろしくないようで、同じ程度のビットレートで録画したDIGAやソニー機と比較すると、ざらつき感が強い。

レグザサーバーD-M430はチャンネル録画番組表から再生するとチャプターがついていない。

※保存領域へダビングする時、等速ダビングにするとチャプターがつく。

CMにチャプターがついていることが当たり前の生活をしていると、これがつらい。

D-M430のスキップは次の番組の頭に飛びます。

何度元々見ていた番組に逆スキップして、再生してたところに早送りする作業をしたか・・・

スキップ的な飛ばし方は30秒送りか20等分された1/20先への送りになります。

※リモコンの外側の右ボタンが30秒送り、内側の右ボタンが1/20ポイントへの送り。

BXT3000は6チャンネル全部チャプターがついているのだからすごい。

あとはリモコンがちゃっちくて、ボタンの間隔が狭く押しづらい。
さらにボタンを押した時クリック感がなくて、押した感じがしない。
※他機種のリモコンを買えば改善できそう。

でも3万円の全録なので、全部我慢です。

BXT3000より優れているところもありました。BXT3000も字幕を録画しています。

レグザサーバーD-M430は字幕放送を全部録画してあります。

リモコンの字幕ボタンを押すと演者が何を話しているのか聞きづらいとき文字で確認できるのです。

これはDIGAにない機能ですが、DIGAにもちゃんとありますが、個人的に必須ではない機能ですがあると便利。

短時間の使用で気づいたのはこのくらいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました