タモリ倶楽部 タンドリー秋刀魚を超えろ!日本食材タンドリー化計画 (2018/10/5)

タモリ倶楽部 2018年

タンドリー秋刀魚を超えろ! 日本食材タンドリー化計画

今インド料理店でタンドリー秋刀魚が人気。タンドール窯があらゆる物を美味しくするらしい。
ゲストの六角精児、光浦靖子、クローバーらがインド・ネパール料理店へ訪問し、日本食材とタンドール窯の組み合わせに挑戦!
厚揚げ、レンコン、魚肉ソーセージ、ゴーヤなど…。タモリも渾身の料理に挑戦!果たしてナンバーワンは?

◆出演者:タモリ
◆ゲスト:六角精児、光浦靖子、グローバー(Jackson vibe/SKA SKA CLUB)
◆ソラミミスト:安齋肇

<2018/10/6 0:20 テレビ朝日>

日本食材タンドリー化計画

タモリ:毎度おなじみ 流浪の番組『タモリ倶楽部』でございます。

タモリ:もう でも 暑いといっても暦の上では秋ですからね。秋といえばやっぱり 秋刀魚でしょう。大根下ろしにカボスをパッとかけてね。それだけで十分ですよ。日本の味ですよね。

光浦:いやあ… 秋刀魚っつたらやっぱり あれですよね。あれで焼いて食べたいですよね。

六角:ああ そうですね。やっぱり 外パリパリの 中ジュワーッという感じでね。

タモリ:七輪ね。

光浦:えっ なんて?

タモリ:七輪。

光浦:わっ 古い!

タモリ:古い!?

六角:今 もう 七輪じゃなくて…流行ってるの 全然違う焼き方が。

光浦:全然ですよ 今は。

グローバー:全然違うんです。そうなんです。

光浦:なんだ?

タモリ:なんで? 何が違うの?

グローバー:ヒントは この 登場した私。この風貌。そして 僕の父親は インド人でありますよ。

タモリ:ええ~っ!知らなかった。お父さん インド人なの?

グローバー:いやいや 待ってください。この先があるんですよ。

タモリ:あっ そうなの?

グローバー:そうなんですけど あのインダス文明が生み出した名器 タンドール窯で秋刀魚を焼くんです。

タモリ:へえ…タンドール窯で秋刀魚を焼くの?

グローバー:あんまり驚いてないですよねタモリさん。親父がインド人の方が驚いてるじゃないですか。

タモリ:そっちの方が驚いた。

グローバー:いやいやいや…。

〈近年急増するインド・ネパール料理店 その中で 密かにブームになりつつあるのが〉〈タンドリー秋刀魚〉
〈日本の秋の味覚の代表秋刀魚を タンドリーチキンでおなじみの あのタンドール窯で焼いてしまったという 斬新かつボーダーレスな料理なのです〉
〈さらに 今回はネクスト秋刀魚を狙って 都内有名インド・ネパール料理店から タンドリー化したらきっと美味しいかもしれない 日本食材のアイデアが続々エントリー〉
〈今夜 常識を打ち破る画期的なタンドリー和食に きっと出会う事ができます〉
〈舞台は タンドリー秋刀魚をメニューに出す ネパール・インド料理のサンサール新宿店〉
〈ジャッジにカレー好きと 料理上手という 六角 光浦が参加します〉

グローバー:そもそも 六角さん 光浦さんはタンドール秋刀魚 ご存じでした?

タモリ:そうそうそう。 知らないでしょ?

光浦:正直…。正直 知らなかったです。

六角:俺も知らないです。タンドリーチキンしかタンドリー… タンドールっていうのは知らないですもん。大体 ここに僕 呼ばれてるんですけど… カレー好きという事で呼ばれてるらしいんですけど 僕 そんな 詳しくないんですよ。

一同:笑い

グローバー:やめてくださいよ。

六角:実は 街のスタンドカレーとかを好んで食べるぐらいで カレー好きっていう事で 割とそういう仕事が来るんですけど 正直 困ってるっていう…。

一同:笑い

光浦:私も言っていいですか? 私 すごい 料理好きってなってますけど そんな別に好きじゃないんですよ。

グローバー:あれ?

光浦:で あの… なんか 違う。料理するんですかってもう 「はい」っつって…。上手なんですかっつっていちいち 「いえいえ」って言うと トークがまどろっこしくなるもんで 「はい」っつったら料理上手っていうキャラクター…。

グローバー:ちょっと じゃあ…僕も いいですか? 親父 インド人ですけど生まれも育ちも日本なんで…。

一同:笑い

グローバー:インド 大して詳しくない…。

光浦: 今日はやばい! 今日 やばい!

六角:何者でもない人たちが集まってるじゃないですか これ。

〈という事で 何者でもない3人とお届けしますが ここから本題〉
〈こちらのお店では4~5年前から出されたという タンドリー秋刀魚について店主のウルミラさんに聞きます〉

グローバー:きっかけは覚えてますか? どうして作ろうと思ったみたいな…。

ウルミラさん:秋刀魚の時期に 秋刀魚 秋刀魚テレビでやってるでしょ? そうしたら 常連さんがいらして…なんか いつも 変わったもの食べたいとかいう気持ちでいらっしゃるから その方たちのために作ったんです。

タモリ:タンドリー秋刀魚を…。

グローバー:秋刀魚…そもそも 食べた事は…?

ウルミラさん:ないです。

六角:あっ ないんですか。

光浦:ネパールの方は魚 食べないんですか?

タモリ:川魚…。

ウルミラさん:川魚とか…。

〈故郷 ネパールでは 川魚しか食べた事のないウルミラさん〉
〈日本に来て 初めて秋刀魚を知ったそうです〉

グローバー:ネパールとインドって北部で接してますんで タンドール窯もインド北部が発祥で…。ですから まあお料理 近いですよね?

ウルミラさん:そうです。

グローバー:北インドとネパールは。

光浦: 北インドとネパールが近い…。

〈実は川魚をメインに食べるのは 隣国インドも同じだそう〉
〈従って 完全に日本生まれだと推測されるタンドリー秋刀魚とは 一体 どんなものなのか?〉
〈まずは…〉

グローバー:あっ きました。

タモリ:やっぱ 漬け込んである。

光浦:ああ~!おおっ めっちゃいい!

グローバー:赤いですよねやっぱり タンドリーって…。

六角:これ 成分っていうか…どんなもの…。

光浦:成分…。

六角:あっ… すいません。なんか 鑑識みたいになっちゃってました。

〈塗っているのは タンドリーチキンでおなじみの赤いソース〉
〈ヨーグルトに塩 コショウと数種のスパイスを混ぜ合わせた 意外と家庭でもマネできそうなもの〉

グローバー:職人の技ですよ。

光浦:並み縫いだ!

〈30分ほどソースに漬けた真っ赤な秋刀魚を シークと呼ばれる串に あたかもイワナのようにクネクネと刺したら そのままタンドール窯で焼いていきます〉

光浦:わあ~ 厨房だ。

タモリ:うわっ すごいね。 暑いな これ。

光浦:邪魔します。あっ ホントだ 暑いよ!

グローバー:ズズンッ! こちらに…。

タモリ:ああ こっちにあるわけですね。

グローバー:はい 来ました。

光浦:あっ ここに…。

グローバー:タンドール窯オープンしたいと思います。

六角:どんなもんなんですかね?

グローバー:オープン!

ウルミラさん:炭です。

グローバー:出ました!

タモリ:あっ 炭ですね。

ウルミラさん:炭です。

タモリ:ホントは炭だ… 向こうでも。

ウルミラさん:そうです はい。

グローバー:本格的ですよね。

六角:あっ こうなってるんだ。

ウルミラさん:ここで ナン こうやって…。

〈タンドール窯の内部はこのようになっており 高温になる ヘリ部分に 貼りつけるようにして焼くのが おなじみのナンです〉

グローバー:じゃあ 早速 いきましょう。お願いします ウルミラさん。

六角:ああ そうやって…。

グローバー:あっ 入りました。

タモリ:立てかけるんだ。

グローバー:もう温度350~400度ぐらいまで なります。

ウルミラさん:ここで 脂 全部 下に落ちちゃってヘルシーですね。

グローバー:余分な脂が落ちてそれで いぶされて また香りも いい香りになって…。

タモリ:半ば薫製っぽくもなるわけですよね。

〈さらに 直火でなく 窯全体が熱くなる事による輻射熱で焼き上げるので 食材全体がムラなく焼けるという効果があるのです〉
〈焼く事 7分 〈これが 今 日本のインド・ネパール料理店でブレーク寸前のタンドリー秋刀魚〉

光浦:美味しそう。

六角:全然違う香り。

グローバー:どんな味わいなのか。日本の秋の味覚とインド・ネパールとの合体。皆さん お召し上がりください!

光浦:いや これ 日本人 好きそうよ。

光浦:においは。

六角:これね。

光浦:これ 絶対皮ごといった方が…。

六角:いいですよね。

グローバー:タモリさん いきました。大きく パクッといって頂きました。

タモリ:うまいですね。

一同:笑い

グローバー:きました。

光浦:どう うまいですか?

タモリ:そんなにタンドリーの味は濃くない。

六角:これ 普通の秋刀魚じゃないか?

一同:笑い

光浦:美味しく焼けた秋刀魚です。

グローバー:そうですか?

ウルミラさん:秋刀魚は秋刀魚の味 残して…。

光浦:ちょっと薄味にしてあるんですねタンドリーを。なんか 多分 魚の嫌なにおいも一緒に落ちるのかね?

タモリ:落ちるんだ。

光浦:すごい ほっこり 美味しい。

タモリ:ちょっと いぶされてるから生臭さも なくなるんだね。

光浦:あっ だからですか。

グローバー:フワッと鼻から タンドリーのこのスパイスが来て。

六角:自分 正直な話普通に焼くじゃないですか。生臭さがちょっと残ってるじゃないですか。あれが実は 少し嫌だったんですけど 全くない。だから これは もう 僕にとっては発見ですよ これ。

一同:笑い

ウルミラさん:きました。

六角:一番美味しいと思った今 秋刀魚が これで。

〈予想を上回る高評価のタンドリー秋刀魚〉
〈では ここからは 都内料理店がプッシュするアイデアで 日本食材のタンドリー化の可能性に挑戦します〉

日本食材タンドリー化計画 厚あげ

グローバー:さあ どんなアイデア来るんでしょうか?まず こちら。 神田の名店アロマズ・オブ・インディアの アミットさんが タンドリー化を猛プッシュするこの日本の食材!

タモリ:厚あげね。

グローバー:厚あげです。

光浦:ああ なるほど。

タモリ:いいじゃないですかね。

グローバー:理由 出てます。 インドのパニールというのがあるんですけど これ 牛乳で作ったものありまして アミットさん的には これはその植物版じゃないかなと。

〈加えて 豆腐を揚げた厚あげは 周りもハードで焼きやすいのではと予想〉

日本食材タンドリー化計画 レンコン

グローバー:アイデア もう1個 来てます。こちら。 ジャン! レンコン。

光浦:あらっ! ちょっと面白そう。

六角:いいね。

ウルミラさん:インドにも まず レンコンがある。あまり タンドールでは焼かないんだけども 日本にからしレンコン辛いレンコンの料理があるから 恐らく合うのではないかと。

タモリ:多分 レンコンはね 高温にするとすごいうまいと思うよ。

グローバー:食感とか。

タモリ:うん。

グローバー:これウルミラさん いかがですか?

ウルミラさん:やった事ないですね。いいんじゃないですか。

〈厚あげとレンコンがタンドリーとの初融合〉
〈果たして その焼き上がりは?〉

グローバー:さあどんな料理になるんでしょうか? タンドール厚あげタンドールレンコンの登場です!

(拍手)

光浦:あっ 来た来た来た! あっ 赤い。

グローバー:あっ これ 見た目 完璧にタンドリーですよ。

タモリ:すごいね。

光浦:タンドリー タンドリー。

グローバー:すごいタンドリー感。

タモリ:タンドリーっていうか 赤レンガだよね これ。

一同:笑い

〈まずは 赤レンガ…ではなく 厚あげ〉

グローバー:タモリさんもガブッといって頂きました。

光浦:いただきまーす。

タモリ:まあ 美味しいですね これ。

六角:うまい。

タモリ:味は濃いです。秋刀魚よりも相当濃いです。

グローバー:濃い?

光浦:濃い味付けです。

グローバー:濃い味付け。

タモリ:レンコン…。

〈タモリは一足早く レンコンへ〉

タモリ:レンコン うまい!

グローバー:結構… 結構 タモリさん ハマってますねタンドリー化計画。

タモリ:これね やっぱりレンコンは 高温で…。

光浦:えっ レンコンいっちゃいました?

タモリ:うん。

タモリ:レンコンは 高温でやるとねすごいよ 歯触りが。

六角:レンコンの酸味がすごくいい形に カレーの風味とマッチしてる。

タモリ:うん。

タモリ:歯応えが…。

グローバー:うまっ!

(スタッフの笑い)

グローバー:めちゃくちゃうまいじゃないですか!よく 今 静かに食べてましたね。

光浦:味わってるの。

グローバー:相当 美味しい!

光浦:正直 厚あげはね想像の範疇の味なの。

グローバー:レンコンの方がビックリ ビックリ。

日本食材タンドリー化計画 ハンペン

〈思いのほか大好評の このレンコン超えなるか?〉
〈続いて目黒のアヒリヤ ゴパールさんの提案〉

グローバー:まず こちら。ジャーン!

タモリ:はんぺん。

光浦:これは 美味しいと思う。

グローバー:これは ありそうですか?

光浦:うん。

〈まずは 味が染み込みやすそうな日本食材 はんぺんをチョイス〉

グローバー:もう一個 こちら。

タモリ:ゴーヤね。

光浦:えーっ ゴーヤ…。

グローバー:インドにもあるというゴーヤ。なので この苦味ソースに合うのではないか? ゴーヤのカレーもあるしという事なんですよね。

〈窯で焼き上げる事 5分〉〈赤い三角形タンドリーはんぺん〉

光浦:いただきまーす。

グローバー:ねえ じゃあ 私も…。

光浦:あっ 全然あります。美味しい! うん。

グローバー:はんぺんあり?

光浦:なんか ついてそう カレーのそばにちょっとしたおつまみで… うん。もう商品化ありです。

六角:いや 美味しいですけど やっぱりさっきの歯触りに比べたら やっぱりああ こんなもんかなっていう…。

〈続いてどんな味わいになるのか?〉

日本食材タンドリー化計画 ゴーヤ

グローバー:ゴーヤ。

光浦:赤い… 赤いし…。

タモリ:ゴーヤはね 苦味が増す。

(スタッフの笑い)

グローバー:あれ…? 苦味を抑えないんですか?タンドリーは。

六角:ものすげえ苦い。

(スタッフの笑い)

グローバー:光浦さん。

光浦:こういう味の睡眠導入剤がある。飲んだあと…。

日本食材タンドリー化計画 魚肉ソーセージ

〈気を取り直して 渋谷のサティーアビカールさんのアイデア〉

グローバー:タンドリー化 日本食材。こちら ダーン! 魚肉ソーセージ。

タモリ:ああ うまいよ。

これは 美味しいんじゃない…?

タモリ:魚だし。

グローバー:そうなんです。もう一つ。 ババン! きりたんぽ!

光浦:きりたんぽ…? ご飯… ご飯にタンドリー…。

グローバー:この方は 小学校の5年生から日本にいらっしゃるので ライスとカレーが合うってのはよくご存じなんですよね。ですからきりたんぽ 思いついたんです。

光浦:でも ちょっと興味あるわ。美味しいかも。

六角:手持ちで食べられるカレーみたいな感じでね…。

日本食材タンドリー化計画 きりたんぽ

〈シーク(串)にご飯を直接まとわせて焼くという本邦初の試みの末 誕生した タンドリーきりたんぽ〉
〈タンドリー魚ソと共に試食〉

グローバー:魚肉ソーセージこれは食べやすそうだ。

光浦:きりたんぽ。

グローバー:中は しっかりお米の白が残ってますね。

タモリ:まず 魚肉ソーセージは うまいですよ。

グローバー:うまい。

タモリ:うん。 合います。

六角:この魚肉っていうのはもう これ 完璧な製品ですからね。しっかりとした味があるじゃないですか 彼の。そこに やっぱり タンドリーがなんとかつけ込もうとしてるけど やっぱり無理だっていう感じが…。

一同:笑い

タモリ:ただ きりたんぽは これ どうなのかなという…。

光浦:美味しいは美味しいんですけど ちょっとひと味足りない気がする。

六角:ぼんやりしてますね 味が。

グローバー:ぼんやり…。

タモリ:きりたんぽのイメージがあるから 鍋に入ったね。

光浦:あと 私たち もうタンドリーバージンじゃないので 結構 もう口がタンドリーしちゃって タンドリーに贅沢になってきてるところは あるんですよ。

グローバー:ウルミラさんも 今 召し上がりました。いかがですか?

ウルミラさん:私は一番焦げたところ食べたから 焼きおにぎりみたいな感じ。

タモリ:ああ 焦げたとこはいいですね。

タモリ:やっぱ もうちょっと焦げた方がうまい。

日本食材タンドリー化計画 まんじゅう

〈ここまで6種類の日本食材をタンドリー化〉
〈しかしタンドリーバージンでなくなった 出演者の評価も やや停滞気味〉
〈そこで 六角 光浦のアイデアもお店に焼いてもらいました〉

タモリ:ええっ!?

グローバー:あれっ?

タモリ:何?

グローバー:なんですか? うわ すごい見た目ですね。

光浦:ダメだ これ。 見た目が…。

タモリ:何? これ。 ミカン?

六角:これね まんじゅうです。

タモリ・グローバー:まんじゅう!?

六角:はい。 だから 中を…甘くて 外をタンドリー化して 味わいをみたらどうなるだろうか。

グローバー: 甘味とスパイスが融合する。

タモリ:まんじゅう?

六角:まんじゅうです。

グローバー:いや すごいな~…。

光浦:うわー!

六角:こんなに あんこがぎっしり入ってるとは思わない…。

タモリ:こんなまんじゅう ある?

タモリ:これ ほとんど… ほとんどあんこ…。

〈六角 あんこ超ぎっしりのまんじゅうを タンドリー化〉

日本食材タンドリー化計画 たくあん

〈一方 光浦が選んだ日本食材は…〉

光浦:たくあんタンドリーです。

タモリ:あっ たくあん。

光浦:タンドリーたくあんです。

グローバー:これは どうして これ やってみようと思われた…。

光浦:いや だって スモーク化するじゃないですかタンドリー。だから いぶりがっこですよ。

六角:いぶりがっこか。

光浦:いぶりがっこのタンドリーバージョンだったら 外れなしと。

グローバー:なるほど!

タモリ:たくあんの方から ちょっと…。たくあんの方が 当たり率 高そうですよね。 まだ…。

グローバー: あっ いきました タモリさん。あれ? 期待値高かったですけど。

ウルミラさん:アハハハハハ…。

タモリ:なんか… 本堂の味がする。

一同:笑い

光浦:アハハハハハハ…本堂の味。

六角:タンドリー感あんま なくないですか?

タモリ:ない。

光浦:たくあんが強いもんね。婆さんのタンスを開けた感じ。

一同:笑い

〈たくあんの持つ強い風味が 全く タンドリーソースと 相いれないという 残念な結果に〉

グローバー:ちょっと じゃあ お口直しに まんじゅう いきましょう。

六角:タンドリーまんじゅう いきましょう。

グローバー:日本の秋 タンドリーまんじゅう。

タモリ:これは 結構 タンドリー感はある。

六角:あっ ホントだ。

グローバー:高評価ですか? これは。

タモリ:いや かといって高評価ではない。

一同:笑い

タモリ:甘いものには 合わないんじゃないかな…。

六角:ちょっとしたタンドリー感を甘さというブルドーザーが ブワッと片付けていった感じがするんですよね。

グローバー:ウルミラさんどうですか?

ウルミラさん:美味しくないです。

一同:笑い

グローバー:出ました 正直な方です。

タモリ:この2つの組み合わせが 最悪だよね。

一同:笑い

日本食材タンドリー化計画 ラムチョップ

〈六角 光浦のアイデアが あえなく撃沈したところで タモリも タンドリー化にトライ〉

グローバー:何を焼くんですか? これは。

タモリ:これはラムなんだけどね。

光浦:ラム。

〈タモリがセレクトしたのは 骨付きのラム〉

タモリ:えー… あえて このソースを使わない。

グローバー:えっ?

光浦:えっ? えっ!?

グローバー:こんなに準備してくださったのに?

六角:どけた いきなり。

光浦:ちょっと~!

それタモリ: やっちゃダメでしょうよ。

グローバー:タモさん…。

タモリ:いや あの炉の優秀さを 俺は見たい。

〈ソースと 合う 合わないではなく タンドール窯が どれくらい 美味しく焼けるか 確かめたいと 謎のこだわりを持つタモリ〉
〈ラムに塩コショウをしたら…〉

タモリ:少し 下味に このタンドリーを。

光浦:タンドリーを使う?

タモリ:少し使いますよ。

グローバー:よかった よかった。
(拍手)

グローバー:ああ ホッとしましたね。そうじゃないと今までの なんだったんだっていう事に…。

タモリ:かすかに。

六角:根底から覆されましたからね。

グローバー:ホントですよ。

〈両面に 申し訳程度の タンドリーソースを塗ると 卵と小麦粉を合わせて 衣を作っていきます〉

光浦:じゃあ 私ね…。お料理のアシスタントになるのが夢だったんです。

一同:笑い

光浦:金子信雄さんの横にいる 東ちづるさんの あれに憧れてたんですよ。「ねっ 先生」なんて言いながら ササッと手際よく…。

タモリ:これはな あれだよ…。

光浦:先生 もう また…飲んでるんですか? もう。

タモリ:大体でいいんだよ。

一同:笑い

タモリ:違うって。 こんなものは 丁寧にやる必要はないんだ。

光浦:見てる方は 一応 ちゃんと付けてくださいね。

タモリ:付けなくていいよ。

〈パン粉をまとわせたラムに オリーブオイルを たっぷり回しかけます〉

六角:結構すごいですね。

光浦:でも 窯で焼けば こう…。そうか 揚げたみたいに…。

タモリ:なるんじゃないかと思う。

六角:なるほど!

光浦:パリパリにね。

〈カリッと焼きたいという タモリ発案の タンドリーラムチョップ〉

一同:おお~!

光浦:焼きましょう 焼きましょう。

タモリ:これで ちょっと焼いて頂きたい。

〈焼く事 10分 その仕上がりや いかに?〉

グローバー:タモリさんの タンドリーラムチョップ 登場!

タモリ:おお~。

光浦:やった~!

グローバー:おお~!

タモリ:おお!

グローバー:美味しそう!

タモリ:想像より いい出来上がり。

一同:笑い

空耳アワー

タモリ:誰が言ったか知らないが 言われてみれば 確かに聞こえる 空耳アワーのお時間が やって参りました。お相手は こちらのお方です。

安齋:はっ よろしくお願いします。
タモリ:お願いします。

安齋:はあ… なんか すごい また メジャーなところが来ています。
タモリ:えっ どこですか?

安齋:ウィル・アイ・アム feat.ミック・ジャガー&ジェニファー・ロペス。 『ザ・ハーデスト・エヴァー』 という…。

♪~

一同:笑い

安齋:「強引に」。
タモリ:「WATCH OUT NOW」。まあ 「GOING IN」っていうのは ちゃんと言ってるけどね。

安齋:やっぱ ミックも そう… そうはね 引っかかんないですね。
タモリ:そうは引っかかんない。 「GOING IN」って言ってる…。

タモリ:これ 差し上げましょう。
安齋:ああ いいですね。

タモリ:次 いきましょう。
安齋:はい ファルコです。 ファルコの『アメリカよ』という…。

♪~

一同:笑い

安齋:すげえ…!

タモリ:これ ドイツ語でしょうね。「SAG’S EUCH LIEBER GLEICH」。「SAG’S EUCH」 「即席」 「LIEBER GLEICH」 「輪投げ」。

タモリ:「ZEIGT’S MIR DEN」 「つまらねぇ」 もう一回 見てみよう。

♪~

一同:笑い

安齋:「即席輪投げさ」。

タモリ:「即席輪投げ つまんねぇ」。結構 今日は面白かったね。

タモリ:皆様方も どんどん探して 送ってください。宛先は こちらです。 お待ち申し上げております。

日本食材タンドリー化計画 続き

〈日本食材タンドリー化計画。 締めは… タモリの タンドリーラムチョップ〉

グローバー:さあ これは ホントに タンドール窯の真価が問われる…。でも 中まで…うわあ 美味しそう!

光浦:とりあえず…。

タモリ:おお とりあえず…。

グローバー:さすがだな 光浦さん。

光浦:はい はい。あっ シャリッ コリッつったよ。

グローバー:いい音がしましたよ今 食べる音が。 タモリさん。

タモリ:うまい。

グローバー:おっ!

タモリ:衣が美味しい。

光浦:うん パン粉が美味しい。パリパリして。

グローバー:ちょっと これ 嬉しい。

六角:やわらかい。

グローバー:おっ 六角さんも顔がパッと明るくなりましたね。あの泥みたいな顔だったのが…。まんじゅうの時。

グローバー:まんじゅうの時。

タモリ:タンドリーの加減も ちょうどいい。

光浦:うん ちょうどいいです。

六角:肉の味がすごく しっかりするしね。

タモリ:これ ここんとこ もらおう。

一同:笑い

タイトルとURLをコピーしました