タモリ倶楽部 折込チラシ大熟読祭ホームセンター編 (2018/2/9)

タモリ倶楽部 2018年

買い物が1000倍上手くなる!? 折込チラシ大熟読祭ホームセンター編

大好評!折込チラシ熟読シリーズ第2弾!
ホームセンター編!新学期は自転車、ゴールデンウィークは園芸植物、秋は暖房器具、年末は掃除グッズなど季節ごとのチラシ熟読!

◆出演者:タモリ
◆ゲスト:高橋克実光浦靖子ハライチ
◆ソラミミスト:安齋肇

<2018/2/10 0:20 テレビ朝日>

折込チラシ大熟読祭ホームセンター編

(タモリ)毎度おなじみ 流浪の番組『タモリ倶楽部』でございます。

(タモリ)最近では 電動工具を片手にDIYを楽しむ(タモリ)DIY女子というのが流行ってるそうですけどもね。

(光浦)ちょっと…またドリルが安くなってる。やばい 買わないと。

(高橋)いやいや いやいや…。
(高橋)母さん ドリル この間買ったばっかりじゃないか。

(光浦)ドリルだけは いくつあっても邪魔にならないから。

(高橋)あっ! あれれ…?

(高橋)このバーベキューコンロ俺が狙ってたやつこんな安くなってるよ!
(高橋)ハハハハハ…。

(光浦)ちょっと ちょっと… どこでバーベキューやるんですか?
(光浦)家 庭がないんですよ。
(高橋)アイタタタ…。

(スタッフの笑い)

(タモリ)いいね 似合ってるね。似合ってる。

(タモリ)いいね このコント。

(光浦)続けましょうか?
(タモリ)続きは… 続きは いらない…。

いやいや いやいや…
そうなんですよね。

ホームセンターのチラシというのは読み込めば読み込むほどどんどん面白くなっていくものだという…。

(タモリ)久しぶりだな…。
お久しぶりでございます。

お久しぶりでございます。

前回 スーパーのチラシ熟読祭っていうのやったじゃないですか。覚えてますか?

(タモリ)やったっけ? そんなの。
(澤部)大人気企画だったんですよ。

(岩井)1年半前に。
(澤部)そうです。 大好評で。

1年半… まあ
1年半やってないんですけど
大好評と言いながら…。
〈当番組では↓

〈すると やたらと「祭」を連発していたり節分が 異常な盛り上がりを見せていたりと多くの驚きと発見がありました〉
〈そこで 今回は 第2弾〉
〈園芸やガーデニングDIY関連や掃除グッズなど生活を豊かにする魅力的なアイテムで埋め尽くされた↓

(岩井)さあ 今日は
ホームセンターのチラシを
担当されている方々に
集まってもらいました。

(澤部)よろしくお願いします。
すいません。

すごいメンバーがそろいましたよ。

まずは 全国に208店舗を展開…。

(タモリ)司会の邪魔してんじゃないの?

なんですか?
(タモリ)司会の邪魔してるんだよ。

いや すいません ちょっと…。
邪魔なんですよ。

すいません。
すいません ちょっと…。

邪魔なんですよね~。
(タモリ)合いの手になってないもんね。

〈澤部が邪魔して
話が進まないのでお越し頂いた↓

〈まずは 全国に208店舗を展開〉

〈充実の
プライベートブランドを誇る
ホームセンターの雄
カインズからは 大澤寛彰さん〉

〈続いて…〉

〈ガーデニンググッズに
定評のある
綿半Jマートからは
本間めぐみさん〉

〈3つ目は…〉

〈家具販売にも力を入れている
ホームセンター ヤサカからは
内藤義人さん〉

〈以上↓

皆さん ホームセンター
行きます? そもそも。

(タモリ)俺… 俺 ホームセンター スーパー
大好きだから 行く。

あら そうですか。
ちなみに どちらの…。

(タモリ)ジャンボエンチョーっていうの
よく行く…。

(スタッフの笑い)

克実さん 行きます?

東宝スタジオの近くの…。

今 だから 名前が…
くろがねやかな?

…に 変わったんですよ。
(タモリ)変わったの?

ああ~… ちょっと…。

ちょっと… ちょっと
どれか出して頂いていいですか?

3店舗のうち どれか ちょっと…。

いやいや どこ行くって…。
(澤部)別にいいんですけども。

あっ でも 俺 行くわ。
行くでしょ?

ケーヨーデイツーに。

出せ どこか!

光浦さんは?
光浦さん 行きます?

私はね 行かないです。

(澤部)行け! 行け!

でも 入ってたら見ますか?
チラシは。 ホームセンターの。

(タモリ)見る見る。 ホームセンターは見る。

(タモリ)一番気に入ったのは
排水ポンプフェアっていう…。

(一同 笑い)

だいぶ絞ってますね。
こだわる~!

(タモリ)しかも 20台ぐらい…。

結構あるなあ。
(タモリ)1台 買っちゃった。

(タモリ)1台 買ったよ。
買ったんですか!?

〈まずは
以前紹介したスーパーと
ホームセンターの
チラシの違いから〉

〈人の目の動きを意識し
まず 左上に目玉商品を配置〉

〈他の角にも
目立つ品を置くという
Z型の法則に
のっとっていました〉
〈では↓

〈カインズのチラシを例に
見てみましょう〉

(岩井)
どうですか? カインズさん
これは
Z型に当てはまるんですか?

(大澤さん)これも そうですね
Z型なんですね。

この時はですね
バーベキューをやる
というテーマなんですけども。

こういったですね なかなか大きい
バーベキューコンロなんですが。

この辺でですね テーマの印象を
よくつけておいて
ここからですね よく見ていって
最後 ここで 一番売れ筋のですね
このバーベーキューコンロに
いくんですね。

(澤部)そこなんすか?
(大澤さん)ここが 一番 やっぱり
売れるところなんですね。

(澤部)一番左上じゃないんだ。
(大澤さん)…じゃないんですね。

(タモリ)まず興味を引いて 買いたいやつを
ここに持ってくるという事ね。

(タモリ)「いいけどね」と…。

(タモリ)俺 どっち側の立場?
(一同 笑い)

完全にホームセンターの方の
意見ですが 今の。

(光浦)うちら 客 客! 客!

〈もう一つ
スーパーのチラシと比較〉

〈スーパーでは 母の日に
お母さんが楽出来る料理を
提案したり
節分に恵方巻を推したりと
一日限定のイベントを
重視していました〉

(岩井)ホームセンターは だから
イベントを重視してるんですか?

節分は 正直 ちょっと あまり…。

鬼のお面とか
そういうぐらいしかなくて。

まあ 節分に関してはね。

(タモリ)あんまりないよね
ホームセンターの…。

(岩井)じゃあ
ホームセンターっていうのは
どこを重視してるんですかね?

やっぱり
季節を考えて作りますよね。

そうですね。

〈生鮮食品を売るスーパーと違い
収納や家具
寝具や園芸用品などを扱う
ホームセンターにとって
一日限定のイベントよりも
季節に関係する
スパンの長い出来事の方が
チラシ作りに影響するのです〉

〈という事で まずは
2月から3月頃のチラシ〉

(澤部)2月から3月は…。

(タモリ)なんだろうね? 2月から3月…。
(岩井)何が多いですか?

(光浦)何が多い…。
(本間さん)新生活。

(澤部)
あっ 新生活に向けてという…。

(岩井)新生活っぽいね。
(タモリ)確かに。

でも ヤサカさんは もう
ほぼ自転車屋さんみたいに…。

ものすごい自転車が。
(岩井)これは?

やっぱり
新入園 新入学のシーズンは
やっぱり 自転車が すごく…。
売れるんですか?

はい。 もう 普段とは
全然 比べものにならないぐらい。

(高橋)じゃあ 年間通して
この時期が やっぱり 一番?

(内藤さん)この時期ですね。

(高橋)そういうもんなんだ
やっぱり。 へえ~。

(タモリ)こっちは なんですか? これ。

(大澤さん)布団セットですね。
新しく一人暮らしをする時の…。

(澤部)カインズさん 布団。

(タモリ)新生活っていえば 布団だな
そういえば。

布団 調理器具。

(タモリ)昔は 実家から
送ってもらってたけどね
(タモリ)布団はね。
(澤部)そうですね。

お布団は送ってきました 親が…。

茶色い布団袋に なんか 入って…
来ましたね。

(タモリ)下宿の部屋に
ボンッと置いてあってね。

小豆色のやつですね。
(タモリ)そうそう。

(タモリ)今は もう 買うんだね。
(澤部)そうですね。

やっぱり お安いですもん。
(タモリ)これは すごいですね。

(タモリ)このJマートさんの
新生活っていうので
(タモリ)芝生を売ってますよね。
(光浦)芝生…。

(岩井)ホントだ。
(本間さん)そうですね
春になると
ガーデングッズが よく出てきて
芝生をされる方が すごい…。
(タモリ)ちょうど… そうです。

(タモリ)芝生(タモリ)植える時期なんですよね
ちょうどね。

(澤部)そうなんですか?
(タモリ)そうなんですよ。

芝生10枚で 369円ですよ。

(光浦)安いですね。
(澤部)異常な安さじゃないですか
芝生。
ぜひ お願いします。

私も やるもん ガーデニング。
(本間さん)ぜひに。

やれるじゃないですか
Jマートさん 行けば。

やっぱりね 30半ば超えるとね
植物と
しゃべれるようになるんだよね。

(岩井)聞いた事ない!

特殊能力 身につくんですか?
特殊能力が身につけれるんですよ
30半ば超えた女性は
1人でいると。

(高橋)それ 相手は何なんですか?

今は シクラメンがしゃべります。
(高橋・タモリ)シクラメン…。

シクラメンが
すごいしゃべります。

〈続いては ゴールデンウィークのチラシ〉

皆さん… でかい! えっ?

(岩井)チラシ自体が もうでかい。
(澤部)でかっ!

やっぱり ゴールデンウィークは
年間の中でも やっぱり
1番 2番に入るぐらい
売り上げが取れる時期に…。

(澤部)ホームセンター
ゴールデンウィークなんだ。

(岩井)そうなんだ。
(内藤さん)そうですね。

(高橋)家族でね 来るんだね。
(内藤さん)そうですね。

まだ 本気出してなかったんですね
皆さん。

ゴールデンウィークは(タモリ) でかい!

でかいのは もう
気合入ってますよって事ですか?

(タモリ)これ 共通してるね 野菜を育て…。
(光浦)うん。 みんな 植物。

(澤部)野菜 お花…。
(岩井)ガーデニング系のね。

(大澤さん)時期的に やはり
ゴールデンウィークっていう
長期休暇を使って
庭をやっていく時期に
なりますので。

(タモリ)ゴールデンウィークって
みんな 旅行しないんだ?

(大澤さん)あの… 結構
野菜やってる人が多いですね。

(澤部)へえ~。
(岩井)へえ~。

すごいもんね
渋滞がすごいもんね。

(タモリ)俺たちは(タモリ)絶対動かないもんね
ゴールデンウィークは。

(岩井)意外っすね。
(タモリ)よく あれ… やってるよね。

ゴールデンウィークの渋滞批判は
いいんですよ 今は。

チラシの話ですから。

(タモリ)渋滞した車の中見たら もう
ものすごい みんな 家族…
(タモリ)一家族(タモリ)陰険な顔してるもんね。
(光浦)ああ~ わかる! わかる~。

(タモリ)こんな顔してるもんね。
(岩井)まあね… うん。

どこ行っても
そうかもしれないですね。

(タモリ)あれ 行った先で
絶対 家庭不和起こってるよ。

(光浦)うちも お父さんが
いつもイライラして…。

すっげえイライラして 最終的に
「誰が稼いでんだ!」って言って
お母さんが 「そのセリフを言ったら
おしまいでしょ!」っつって。

やめてください。
過去のケンカの話 やめてください!

楽しい
ホームセンターの話だから!

だから ここに みんな行く…
こういうね ホームセンターへ。

Jマートさんも お花ですか?
(本間さん)そうですね。

やっぱり この時期は
一番お花を推してて
教室をやったりとか
実演をやったりとか…。

(タモリ)Jマート いつも推してるのが
芝生…。

(澤部)またあります? あっ!
(光浦)また!

あっ ちょっと値上がりしてる!
(澤部)値上がりしてる。

10枚462円。

(光浦)ちょっと…
さっき300なんぼだったよね?

(澤部)300なんぼでしたね。
ゴールデンウィークという事で
ちょっと攻めの価格設定ですね。
(本間さん)すいません。

そして だから カインズさん筆頭に
トマトを結構ね…。

(タモリ)トマト推してますね。
(岩井)推してますよね どこも。

(澤部)トマト… なんで?

(岩井)トマトは
やっぱり 売れるんですか?

(大澤さん)やっぱり売れますね。

やっぱり
美味しいのもありますけど
育てやすいんですね トマトは。

(岩井)僕の一人暮らしの家に
庭があるんですけど…。

(澤部)あっ トマトやれよ。
トマトやっちゃおうかな?

トマト あんまり水やらなくて
いいんだって。

岩井がトマトやってたら
なんか オシャレだよ。

あっ そう?
うん。 その時期になったらね
みんなに配って
トマトとか なんか…。

(タモリ)岩井農場とか。

(光浦)岩井農場 美味しそう。

なんか美味しそうな名前だな。

隣の人に配って…。 いいね。
(澤部)いいよ。

正直者な感じする。
(岩井)交流も出来ますね。

岩井農場。 あっ この人 正直。

確かに
正しい作り方をしてる感じだね。

「岩井さんが作りました」
みたいな…。

(澤部)お前の顔写真 貼ってね。

克実さん どうですか? チラシ。

チラシ見てみてね
僕が一番気になってるのは
やっぱり この
椅子とかハンモックですね。

(タモリ)季節柄?
(高橋)はい 季節柄。

(タモリ)ハンモックはね
大体 限度が5分だね。

えーっ!
ウソだ!

一生いれるでしょ
ハンモックなんて。

お昼寝出来る…。
(タモリ)出来ない。

言ったら 一生いれるやつでしょ。

(タモリ)出来ない 出来ない。
なかなか あれ
安定しないんですよ。
(澤部)えーっ!

(タモリ)あれでね 少し寝返り打ったら
バーンと落っこちるよ。

タモリさん Jマートさん
売ってますから ハンモック。

(澤部)二度と言わないでください。

〈続く梅雨と夏は
ホームセンター的には
売り上げが伸びず
チラシ的にも
やや盛り上がりに欠ける季節〉

〈という事で
次に注目するのは 秋〉

(岩井)秋の注目すべきところ
どこでしょうかね?

(タモリ)やっぱり もう 冬に向けてか。
(光浦)秋は もう冬だ。

(岩井)ああ でも 暖かい感じの
クッション スリッパとか
そういうものですね。

(タモリ)さすがに 芝生は姿消したな。

(澤部)秋 冬にかけては
やっぱ ないんですね。

(岩井)あっ ありますよ。
カインズさんは
リアル人工芝を置いてますよ。
(光浦)まだ置いてますか?

(大澤さん)まだまだ売れてますね
人工芝。 ええ。

(光浦)ああ リアル人工芝
ホントだ。

(澤部)さすが カインズさんは
好きっすね リアル人工芝。

ええ…。
(澤部)離さないですね。

これ FIFAって書いてあるの
サッカーのあれですか?

そうですね
FIFAというところが
公認している工場で
作ってるものなんですけど…。

(岩井)すごいじゃないですか。
(大澤さん)そうですね。

この芝が公認されてるわけじゃ
ないんですけど。

全季節で 芝いじってますけど。

(一同 笑い)

いや もっと その 暖房…。

(タモリ)いやいや 芝生は大変…。
年中(タモリ)手入れがいるんだから。

今日 芝編じゃないですから。

(澤部)でも やっぱ こたつ…。

(タモリ)こたつ中心ですね。
(澤部)ストーブ ヒーター。

今 ダイニングテーブルみたいに
椅子に座るタイプのこたつが
人気がありますね。

(高橋)腰かけるの?
(岩井)何? それ。

ちょっと待って。 初めて見た。

(澤部)だから高いんだ これ。
(内藤さん)そうですね…。

(タモリ)これは でも こうやると
(タモリ)ここが開いちゃいませんか?
(岩井)隙間がすごいですよね。

椅子のですね 下の方に
囲うようにカバーがついていて
椅子の下から
熱が逃げないように…。

(タモリ)これ?
(光浦)椅子の ここにカバーか。

(高橋)スカートみたいになってる。
(岩井)ホントだ。

そこに入るようになってるんだ。
すごい。

(岩井)Jマートさんが
クリスマス用品が充実していますね。

(澤部)
やっぱオシャレなJマートさん。

これ やっぱ
ツリーが売れるんですか?

ツリーは やっぱり…。
そうですね ツリーをメインに
それに付ける飾り物も
私たちのプライベードブランドで
作ったりとかで。

(澤部)なるほど。
(岩井)そうなんだ Jマートさんの…。

カインズさんも
クリスマス重要ですか?

(大澤さん)そうですね
だんだん 最近 市場としては
ちょっと
落ちてきてるような感じが…。

(澤部)あっ!
(タモリ)やっぱり…。

(タモリ)ハロウィーンに取られた。

ハロウィーンは
今まで やらなかったんですけど
少しずつ増えてきました。
(一同)へえ~。

ハロウィーンって
何が売れるんですか?

やっぱり
カボチャの置物とかですね
ガーデン系の方が
やっぱり多いですね。

(岩井)ガーデニングか。

(タモリ)クリスマス ハロウィーンにきて
次は なんだ?

うーん…。
イースター。

(タモリ)イースター。
ああ イースター イースター。

イースターって言っただけで
いつなのかも なんなのかも
知らないですけど…。

(一同 笑い)

(澤部)よく言いましたね。

勇気振り絞って
言いましたね よく…。

空耳アワー

(タモリ)誰が言ったか知らないが言われて見れば 確かに聞こえる
(タモリ)空耳アワーのお時間がやって参りました。

(タモリ)お相手は こちらのお方です。
よろしくお願いします。

(タモリ)お願いします。
カレンダーが出来ましたね。

やっと カレンダーが出来ました。

これ…。

もう すでに2月ですけどね。

(タモリ)これですね。
これなんですけどオシャレに作ったんですよ。
なんか よくわかんないですけど。

(タモリ)すごい これ
わかりづらいですよね。

(一同 笑い)

(タモリ)第何週目なのかも
わかりませんよね。

そうですね。
何週目かは絶対わかりません。

1カ月を時計の一回りとして
考えてやってます。

(タモリ)はあ~。
それじゃあ 参りましょう。

はい。 では 早速
まずはですね
ハノイ・ロックス。
(タモリ)ハノイ?

はい。 ハノイ・ロックス。
(タモリ)あのハノイですか?

あのハノイのロックスですよ。
(タモリ)ベトナムの?

♪~

♪~

(一同 笑い)

(タモリ)「YOU CAN PAWN」

(タモリ)「YOU CAN PAWN TO
PERPETUAL MOTION」

(タモリ)まあ
こんなもんじゃないですかね。

(タモリ)じゃあ 次 参りましょう。
カンニバル・コープス。

(タモリ)カンニバル・コープス。
はい。 まあ デスメタルと…。

(タモリ)デスメタル… おお…。

♪~

♪~

(一同 笑い)

(タモリ)結局(タモリ)何言ってるか わかんない…。

デスすぎて。
(タモリ)デスすぎ。

(タモリ)「ON MY SOUL IT
ON MY SOUL IT」

(タモリ)「NOW APPEARS I’VE LOST CONTROL」

(タモリ)なんだっていいんだ。
もう なんだって…
なんだっていいんだよ。

(タモリ)じゃあ これも
なんだっていいんだ。

いやいや…
そういう事じゃないです…。

(タモリ)もう一回 聞いてみるか ちなみに。
はい はい。

♪~

言ってる!
(タモリ)言ってるよね。

すごく言ってます。
(タモリ)言ってるね。

すごい言ってたじゃないですか。

(タモリ)「ON MY SOUL IT」
あれ?

(タモリ)まあ 言ってる事は言ってたね。
言ってましたね。 どうですか?

(タモリ)いったん下した判決は取り消すわけには…。

(一同 笑い)

ダメか…。 残念だな。

(タモリ)皆さん方もどんどん送ってください。

(タモリ)宛先は こちらです。
お待ち申し上げております。

残念だ。

折込チラシ大熟読祭ホームセンター編 続き

〈最後は 年末のチラシ〉

(タモリ)やっぱり 掃除ですね。

(澤部)カインズさん…。
ああ やっぱ バス トイレ…。

(岩井)やっぱ 大掃除はホームセンター的には もう重要な…。
すごく重要ですね。

(大澤さん)普段 あまりやらないようなところっていうのこの時期ってやっぱ やると思いますので…。

(澤部)これ 僕窓掃除したいんですよ。

(タモリ)簡単じゃない。 窓…。

いやいや…。
どういう道具を使えばいいか…。

(タモリ)窓掃除 あれが一番簡単。
ちょっと技術がいるけど。

(タモリ)ワイパーみたいな…。
(澤部)はいはいはい…。

(タモリ)あれが一番簡単。
(岩井)えっ ワイパーですか?

(澤部)ありますよね?
カインズさん。

ガラスワイパー。
(大澤さん)はい。

(タモリ)スポンジに洗剤をちょっと付けてバーッてやって
(タモリ)それで ヘラでビューッと…。
ああ…。

タモリさんが解決してくれた。
(一同 笑い)

カインズの人みたいになってる。
(光浦)詳しい。

(タモリ)あのヘラは 必ず
斜めから こう…。

(一同 笑い)

(タモリ)こうやるとどうしてもスジが こう残る。

(タモリ)こうやって 斜めに こう…斜めに こう…。

斜めなんだ。
すげえな。 勉強になる~。

ねえ。 窓担当の人みたい…。

(タモリ)窓担当。窓担当。

光浦さん どうですか?
気になる商品。

やっぱり 冬でも人工芝 売ってるんだとか…。

(一同 笑い)

(タモリ)人工芝 季節に関係ない。
関係ないでしょ?

(大澤さん)そうですね。
推すなと思って…。

FIFAのやつですもんね。
(大澤さん)そうですね はい。

これ でも 人工芝の掃除するのは
この竹ぼうきがいいですよ。

(光浦)へえ~。 そうですよね
人工芝も絶対 ほこり…。

この298円のね この竹ぼうき。

(タモリ)竹ぼうきは やっぱ今でも いいよね。

これ 掃除グッズもそうですけどなんか 交換するものとかも重要だって…。

そうですね やっぱり 年末は電球の交換がすごい多いですね。

(タモリ)あっ そうなの?
(内藤さん)はい。

(岩井)電球なんですね やっぱね。
電球ですね。

(岩井)フライパンとか鍋とかもね結構 推してますけど。

(内藤さん)そうですね。

(タモリ)これ やっぱり踏ん切りなんだろうね。

(タモリ)もう… もう これ今年 やめようっていう。

(タモリ)フライパンはねなかなか 踏ん切りつかないんだ。

ああ~ 確かにね。
なるほど。

(タモリ)テフロン加工のやつは寿命が短いんだよね。

(岩井)あれどこまで使えるんだろう?

(高橋)焦げ癖付いてても やっぱ使っちゃうな あれ。 うん。

(岩井)ヤサカさんは たいぶ でもお正月寄りのチラシですね。

(内藤さん)そうですね。
今のうちに ちょっと…。

お正月って やっぱ ちょっと下がっちゃうんで…。

(澤部)あっ そうなんですか。
(内藤さん)はい 今のうちに…。

(岩井)宣伝しといて…。
(内藤さん)はい。

宣伝をしとかないといけない。
(タモリ)昔は でも自転車にまでしめ縄付けてたよね。

(一同 笑い)

(岩井)なんか いましたね。カゴとかに。

今も 車 何台か見かけますよね。
(タモリ)ホント?

あの フロントというかここにぶら下がってる…。

(岩井)うち 実家の車やってましたわ。
(一同 笑い)

(澤部)そのタイプの家?
(岩井)あのねあのミラーのね後ろ側のところにね前から見えるように。

(澤部)掃除します? 克実さん。

僕は大好きです。 はい。

(澤部)あら そうですか。
(高橋)掃除好きなんですよ。

へえ~。
なんか 気分転換とか…。

(高橋)水回りとかは もうほとんど 僕がやりますね。

やり出すと もう止まんないですね。

(タモリ)それ 独身の頃からやってた?ちゃんと。

そうですね。 好きなんですよ。

(タモリ)水回りで便利なものある?

水回りで一番 僕が好きなのはあの… なんだっけな?

激落ちくんっていう…。
(澤部)ああ~!

(タモリ)知らない。
(岩井)ええっ!?

知らないですか?
激落ちくん 知らないですか?

(タモリ)何? 激落ちくんって。

色んな形があるんですけどこれぐらいの白い… 白い…。

(澤部)Jマートさんありますよ。激落ち 2個入り。

(高橋)ああ これだ。これ これ これ。 これです。

これね これぐらいに切って置いておくと
ものすごい… どれでも…。

(本間さん)水だけできれいになる。
(タモリ)ああ そう。

シンクとか めちゃくちゃきれいになりますからね。

あと… ガラス… 今 なんだっけ?

電気コンロっていうんですか?
あれ。

コンロじゃない…。
(タモリ)IHでしょ?

電気コンロじゃないっすよ。

(澤部)IH 出てこず。
(一同 笑い)

それです。
(岩井)電気コンロ…。

IHなんて 俺 子供の頃インターハイぐらいしか知らない。

(澤部)大会ですよね。

(タモリ)あとは 石川島播磨。

〈次回はほとんど手に取られない全国の残念観光パンフレットを紹介〉
〈手に取られない悲しい理由が明らかに〉

タイトルとURLをコピーしました