タモリ倶楽部 むいたら超?気持ちイイ!! 全日本 快感皮ムキ選手権 (2018/6/29)

タモリ倶楽部 2018年

むいたら超?気持ちイイ!! 全日本 快感皮ムキ選手権

皮むいて気持ちいい~企画!今夜快感度No.1の皮ムキグッズが決定!
巷に数ある皮ムキグッズをむき具合の華麗さ、気持ち良さで審査、面倒な皮もスルッとむけるNo.1皮ムキグッズを発表!
アボカド、はっさく、たけのこ、トウモロコシ、サクランボ、いかの皮むき器はたしてどれが快感No.1か!?

ゲストに阿佐ヶ谷姉妹、ハマ・オカモトがさまざまな皮むき器を試して、最も快感度の高い皮むきアイテムを決定する。
各メーカーの社員が登場し、アボカドやハッサクなど、一見皮むきが面倒そうな野菜や果物などを対象に実演、グッズの開発秘話や、商品ポイントを紹介する。

◆出演者:タモリ
◆ゲスト:阿佐ヶ谷姉妹ハマ・オカモト野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)
◆ソラミミスト:安齋肇

<2018/6/30 0:20 テレビ朝日>

快感度ナンバーワンの皮むき選手権

タモリ:毎度おなじみ 流浪の番組 『タモリ倶楽部』でございます。

タモリ:最近ではですね 若者のフルーツ離れが 進んでいるそうですが。

タモリ:なんでも 皮をむくのが面倒くさい という事らしいんですね。

阿佐ヶ谷姉妹:♪~「ああ~ 皮をむいて 気持ちいい」
※川の流れのようにのメロディー

阿佐ヶ谷姉妹:決まりました… 決まりました。タモリさん どうも。

タモリ:ハモる必要があるんですか?

阿佐ヶ谷姉妹:ハモりました。

ハマ:2人の鼓動が両肘に伝わっちゃって もう…。

阿佐ヶ谷姉妹:アハハハッ!

美穂:すみません…。

タモリ:皮をむいて気持ちがいい?

ハマ:はい。今日は なんか 皮をむいて気持ちいいっていう事をやると。

タモリ:テレビでやれるのかね? これ…。
(スタッフの笑い)

江里子:そこは やっぱり もうね…。

野上:やれますよ タモリさん。今日は もう爽やかな皮むきの祭典でございます。こちらにあるようなですね 皮むきグッズを使って 皮むきの快感度ナンバーワンを決定致します!

タモリ:へえ~。 張り切ってるね 今日。
(一同 笑い)

〈今回は巷にあふれる皮むきグッズを むけ具合の華麗さ気持ち良さで審査し 快感度ナンバーワンを決定〉

野上:どうでしょう?皆さん 皮むき器って 普段 お使いになられますか?

ハマ:でも ピーラーとかはねありますけど…。

タモリ:これ ホント恥ずかしい話なんだけども…。ピーラーのとこにポコっと丸いのがあるでしょう?あれ なんだかわからなかった。つい最近 わかったの。

ハマ:えーっ! 芽ですよね?

タモリ:芽を取る… そう。

江里子:最近?

ハマ:大はしゃぎですよね 気づいたら。「うわーっ!」って。

タモリ:「これは すごい!」と思って…。

〈最初の出場者は 刃物メーカーとして有名な貝印から 高多杏子選手〉

野上:何を一体むくのか… はい!

タモリ:アボカド。

野上:アボカドです。

ハマ:むき方すら ちょっと 知らない人もいるかもしれないですよね。

江里子:うちはね 美穂さんね ほら。

美穂:うちは 半分に切ったら あとは種を取ったら スプーンでこう ほじっちゃいますね。

江里子:もう むけないですよね。面倒…。

野上:ただ もう スプーンで取るのはもう 高多さん 古いと。

阿佐ヶ谷姉妹:古い!?

貝印 高多さん:身を残したまま きれいに出すのが今だと思います。

美穂:難しそう。

〈果たして どんな華麗な皮むきを見せてくれるのか?〉

(スタートの合図)

野上:さあ、5つある このアボカド 手前のものを取っていきました。サウスポーです。左手で 包丁でもって まずはアボカドを真ん中で切っていく。ここまでは 通常どおりの工程で。緊張の一瞬ですね。

ハマ:ここから… これですよね。

タモリ:ここまでは できる。

野上:ここまではいい感じにいきました。さあ そこで 何が出てくるのか?下の引き出しからさあ 出て参りました!来ました 来ました!こちらが手間なしアボカド皮むき器

野上:柄の部分もアボカドカラーになってます。

タモリ:どうするの?

野上:その金属部分で まずは 種を…。くり抜いた!さあ 種をくり抜きました。するりといきました。

ハマ:この次ですよ…。

野上:タモリさんも注目して見つめる中で この皮と身の間の部分に金属部分を差し込んでいく。そして するするすると…。

江里子:うわっ ギリギリだわ。

野上:これで持ち上がるのか?

江里子:ホントすごい!

ハマ:すごい…。

野上:よもやここから持ち上がった!アボカドが しっかりと そしてアボカドポーズを決めてきた!

タモリ:うるさいよ。

野上:…ホントですか?

江里子:すごい ホントに早い。

タモリ:いや 早い。

江里子:ホントに 早くむけますね。

タモリ:すごいね これ。

ハマ:ものすごい簡単にやってらっしゃいましたけど…。

〈貝印の手間なしアボカド皮むき わずか15秒で快感フィニッシュ〉

タモリ:こっち やっていいですか?

野上:おっ! どうだ?

タモリ:これ どうするの?

タモリ:ここに…。

貝印 高多さん:入れて頂いて。で ちょっと立てながら…。

タモリ:あっ ホントだ…。

野上:タモリさん 一発で成功しそうだ。

江里子:早い早い… えっ?

ハマ:めちゃくちゃきれいじゃないですか。

タモリ:こんなきれいに取れる…。

※貝印の高多さんよりタモリの方がきれいにくりぬく

江里子:やってた方ですよね?やってた方ですよね…。

〈続いては 社長自らが参戦 エコノアートの伊澤選手〉

野上:むくものは こちらでございます。はい! ハッサクです!

江里子:ハッサク。

タモリ:かたいのは かたいんだよね これ。

江里子:皮が… 皮がかたい。

野上:なかなか 手だと難しいっていうのはありますかね。

タモリ:年間3人ぐらいは骨折してるから。

野上:そうですか。

美穂:親指を。

〈親指をやりがちな分厚い皮 これを どう攻略するのか?〉

野上:参りましょう。試技 スタートです。

エコノアート 伊澤さん:まず ハッサク。

タモリ:ここに全部あるんですか?

野上:さあ ハッサク。ここから出てきたのは黄色い器具です。出て参りました。葉付きミカンのデザインになってます。

野上:オレンジカッターが登場してきました。

エコノアート 伊澤さん:では やってみます。

野上:さあ いきましょう。左手にハッサク。右手… まず ドリルでもって 真ん中をくりぬいていく。

美穂:あっ すんなりと…。

エコノアート 伊澤さん:次が ここでこう 切り込みを入れます。

野上:おお~。 皮に対して切り込みを入れていきます。手際よく…。

エコノアート 伊澤さん:これを ここで…。

野上:さらに 今度は逆側を使ってむいていきます。

ハマ:うわ~!

江里子:えっ すごい!

野上:皮のやわらかいミカンをむいているような…。

江里子:指の負担が全然なさそう。

ハマ:ないですね。

エコノアート 伊澤さん:あとは 半分に分けます。さらに分けます。

エコノアート 伊澤さん:これで 普通 噛みますよねこうやって。

タモリ:噛みます 噛みます。

エコノアート 伊澤さん:ところが ここで こうします。

美穂:うわっ!

エコノアート 伊澤さん:で ここで… こう 開けていくわけです。

野上:ああ~みずみずしいハッサク登場!

エコノアート 伊澤さん:いかがでしょうか?

〈難攻不落の分厚い皮をいとも簡単に切り裂き 親指を痛める事なくあっさり むきむき〉
〈これは気持ちいい! さらに 中の薄皮までも一撃で…〉
〈このオレンジカッターひとつで くぼみ取りから外側の皮むき そして中の薄皮まで 全部むく事ができるんです〉
〈ここで ハマ・オカモトがハッサクの皮むきに挑戦!〉

エコノアート 伊澤さん:ここで…。こう握ってもらって…そうですね。どうでもいいですけど その辺…そこから…。

ハマ:これ なんか等間隔でいいんですか?好きな間隔でいいんですか?

エコノアート 伊澤さん:そうですね…。

ハマ:ダメなんですね。
(一同 笑い)

ハマ:社長。

エコノアート 伊澤さん:ちょっと厚すぎ…。

ハマ:あっ これ 広すぎる?はい はい ごめんなさい。

エコノアート 伊澤さん:広すぎるとあと むきにくいかなと。

ハマ:あっ すごい。もう でも 簡単ですよ。身も傷つかないしね。

エコノアート 伊澤さん:それで…ホントはね もう少し こう…。

江里子:理想が高い 社長 意外と。

ハマ:ごめんなさい。社長 ごめんなさいね。すごい 思ったより社長 厳しくて 汗びしょびしょに…。
(一同 笑い)

ハマ:ここまでいけましたよ。

エコノアート 伊澤さん:それで ここに突っ込んで…。そうです そうです。で カッターナイフみたいに シュッてやってもらったらむけると。

ハマ:ああ~ でも 簡単に ほら…。

ハマ:すごい。

ハマ:うん!
(一同 笑い)

ハマ:汗だくになっちゃった。

野上:ものすごい汗です。

ハマ:いや でも 簡単です。力が全然いらないです。社長の圧で汗をかいてる…。
(一同 笑い)

〈3人目は エーステクノの米山選手 一風変わったあるものを むきます〉

野上:こちらです!さあ 出て参りました。 竹の子。

タモリ:竹の子。

野上:…ではなく ネマガリタケです。北海道とか東北地方で 食べられているものという事ですね。

エーステクノ 米山さん:笹の竹の子なんですけどね 結構 皮がかたいですから…。

タモリ:いいですか?

エーステクノ 米山さん:はい どうぞ。 かたいですよ。

タモリ:これ 大体 どのぐらいまでむくんですか?

エーステクノ 米山さん:こんな感じになってますので。

ハマ:うわっ! この紙 すごい。

美穂:この図が… 図がすごい。

江里子:すごい図。 「実」…。

ハマ:こうなってるんですね。

タモリ:こうなってるんですか。

〈米山選手自作の図解によると 実のまわりの青い部分が皮らしいが…〉
〈何枚も重なるかたい皮をどう剥くのか?〉

(スタートの合図)

エーステクノ 米山さん: はい。

野上:さあ 果たして どんな器具が出てくるのでしょうか?

野上:ネマガリタケを取った米山選手。こちらが竹の子カッターです。

エーステクノ 米山さん:では いきます。

ハマ:全然 想像がつかない。

野上:ゆっくりとネマガリタケを手前から挿し込んでいきました。

野上:おっ 器具の先っぽから先端部分が出てきた。そして スッといった。

野上:これで どうなったのか?何か仕掛けがあるのか?どうやら真ん中に亀裂が入ったようです。

タモリ:薄く切ってあるんだ。

野上:かわいらしい中身が少しずつ見えてきました。

ハマ:すごい!

江里子:うわうわうわうわ…。

野上:通常 手ではなかなか難しい このパリパリと皮がむけていく音がして参ります。

野上:身の部分が スルッと出てきた 出てきた。うわ~!

ハマ:これは気持ちいい。

野上:ああ… 先端部分がちょっと崩れたか。

江里子:あ~!

野上:いやあ… ただ これ作業工程にしてみれば もう30秒今 かかってなかったですね。ちょっと驚きました。

ハマ:これ 早いし。

〈皮の部分にだけ切り込みを入れるという スーパープレーを見せた竹の子カッター〉
〈ポイントとなっているのは 中に仕掛けられたこの小さな刃〉

エーステクノ 米山さん: 薄い刃過ぎると今度 入らなくって 入り過ぎちゃうと 今度 身の方を全部 バーンと切っちゃうんで。

江里子:ここですよね? この部分。この部分ですよね? これね。

エーステクノ 米山さん:そうですね はい。 そこに サッと…。だから 薄いと 下まで入り過ぎちゃうんですよ。

ハマ:そうですよね。青い部分だけを切るっていう事ですよね。

美穂:青ね。

エーステクノ 米山さん:難しいですね。

ハマ:利いてきますね この表。

エーステクノ 米山さん:ありがとうございます。

美穂:これ いいですね。

タモリ:今 役に立つ。

〈続いての挑戦者は 三陽プレシジョン内山ともや選手〉

タモリ:先ほど むいた なんか…。
(一同 笑い)

※内山さんはスキンヘッド

江里子:むいたあとじゃないです。どんな器具を使って…。

美穂:どれで むいた方です?

〈内山選手が今回 チャレンジするのは トウモロコシ〉

野上:皮をむくというよりもこの一粒一粒を取って頂くと。

タモリ:えっ?

ハマ:これはいいですね。

美穂:これは面倒だわ。

ハマ:できるんだったら。

〈粒のみを取るというプレー、果たして気持ち良さは いかほどか?〉

(スタートの合図)

野上:さあ引き出しから出てくる器具は… これです!

野上:出ました。トウモロコシ粒取り 粒取り名人NIPPONという器具が出て参りました。

野上:左手で置いて おっ いった。手前側から差し込んで 引き抜くのではなく押し込んでいく。

野上:ググッとレール状になっているその器具でもって 一粒一粒が 今 離れていきました。

タモリ:おおっ!

江里子:無駄なく取れてる。

タモリ:根こそぎ。

野上:もう根っこの部分から。

江里子:きれい。

ハマ:これ すごいっすね。

野上:これ 見てて気持ちいいですね。

ハマ:これ でも やっぱやりたくなりますよね。

野上:いや 気持ちいいですね。

美穂:うわっ 楽しい。

〈気持ち良く一列を攻め落とした粒取り名人NIPPON タイムは わずか10秒〉

美穂:これ 楽しそうね。

江里子:美穂さん ほら コーン好きだから。美穂さん。

美穂:コーン好きなんです 私。

江里子:美穂さん コーン好きなんです。

ハマ:美穂さん コーン好きなんですね。

美穂:好きなんです 私。

タモリ:コーン 好きなの?

江里子:カレーでも なんでも コーン入れるタイプなんです、美穂さんは。

美穂:なんでもコーン入れる派ですね。

江里子:なんでも入れちゃう。

〈コーン大好き阿佐ヶ谷姉妹の妹 美穂が 粒取りに挑戦〉

三陽プレシジョン 内山さん:差して頂いて…。グサッと 一回差して頂いて そのまま前に ずらして頂く感じですね。

三陽プレシジョン 内山さん:ずーっと…。

野上:おおっ 進んで…。

美穂:おお おおっ!

江里子:いける? いける?
ハマ:うわっ すごい。

美穂:あっ そんなに力…あっ! 入った 入った。あっ きれいに取れました。

野上:どうですか? 簡単ですか?

美穂:力もいらないですし 楽しいですね これ。

江里子:あっ 言われもしないのに2列目に。珍しい。

美穂:好きが高じて ちょっと なってしまいました。

江里子:あら 珍しい。

美穂:あっ 楽しい。 きれいに…。

野上:一列 丸々いきました。

美穂:きれいに取れました。

美穂:あ~!

一同:お~!

美穂:快感…。
(一同 笑い)

美穂:快感です これ。

〈続いては本日 2度目 装いも新たに登場 貝印 高多選手〉

タモリ:お色直しだ。

野上:お色直し。

江里子:お色直ししたのに 地味になって出てきてるっていうね。

江里子:普通 お色直しってね、さらに ちょっとね 派手になる。

江里子:お色直しで こんな地味になってくる人 見た事ないから。

〈そんな彼女が披露するのはアメリカンチェリーの種取り〉
〈中の種だけを取るという荒技 一体 どんな演技になるのか?〉

(スタートの合図)

野上:さあ 今度はどんな器械か?

野上:赤だ。 赤です。

貝印 高多さん:チェリー色です。

タモリ:チェリー色だ。

野上:で これは…どう使っていくのか?オープン。 開いた。

野上:そして サクランボをそこにのせて セッティング完了。

野上:おっ そしてまさか これは これは… 一瞬で決着がつくような様相を呈して参りました。

野上:さあ いくぞ。いった!

ハマ:これ すげえ!

野上:終了!

江里子:うわ~!

ハマ:これ すごい!

野上:決めてきました!

野上:いや これは 瞬殺というかあっという間の決着でしたね。

ハマ:全然果肉がついてないんですね 種に。ホントに種だけ。 すごい。

〈一撃必殺 瞬く間に種を抜き取ったサクランボの種取り〉
〈こちらは阿佐ヶ谷姉妹の姉 江里子が 満を持して挑戦〉

江里子:こちらですね?はい こちらで…。で こう セットして…。

貝印 高多さん:ちょっとだけ合わせてもらって…。

江里子:合わせる?

貝印 高多さん:穴に…。

江里子:江里子 いきまーす!

野上:どうだ?いきました いきました。

ハマ:ああ~ すげえ!

江里子:種いきました? これ これ これ。ホントに すぐ。

江里子:うわっ…! うわ うわ うわ…。で これ。

野上:種なしです。

江里子:うわっ もう これで。

江里子:これ 頂いちゃっていいのかしら?いいですか? これ じゃあ。

美穂:そういうふうにして食べなくていいのよ お姉さん。

江里子:(種が)もう1個 出てきた…。
(一同 笑い)

野上:そんな事あります?

タモリ:えっ!?

ハマ:そんな事ある?

江里子:ウソでしょ…。

ハマ:こんな事ある?

タモリ:2個のってあるの?

貝印 高多さん:初めて見ました…。

※ごくまれに種が2個あるようです

タモリ:2個ってないよね?

野上:ウソだ…。

美穂:ラッキーな日なのかしら?

〈最後の皮むきは パール金属所属楠正久選手〉

タモリ:パール金属。

パール金属 楠さん:はい。キッチン用品とアウトドア用品を 取り扱ってるメーカーになりまして。

タモリ:なんでそんないい声でしゃべるの?
(一同 笑い)

パール金属 楠さん:ありがとうございます。

江里子:それは もう… それは備わったものですから もう。

〈楠選手が挑むのは本日 唯一の魚介類 イカ〉
〈主婦泣かせの面倒な皮むきだが…〉

(スタートの合図)

野上:さあ イカを1杯取ってまな板の上に置いた。

野上:おっ まずは 手作業からいきます。

タモリ:それは 抜くんだ。

野上:頭を…右手でグッと抜いていきました。まだ この段階では器具は出てきていません。

野上:そして… こちらもまた 手で むいていきます。エンペラと呼ばれる部分ですね。

パール金属 楠さん:そうですね。

タモリ:皇帝って事ですね。

野上:はい。いやいや…「はい」って言っちゃいました。「はい」じゃないです。エンペラーですね。

野上:さあ ここから器具が登場する。どんな器具なのか?おお~ 出てきました。

野上:短めのポーズを決めて…さあ ここから 挟んでいく。

野上:ハサミのような形になっていて 真ん中部分がギザギザになってます。

野上:ちょっと地味な工程ではありますが… ゆっくりと皮をはいで時間をかけていきます。

野上:そんな状況ではありますが器具を使うと一気にいける。そして 裏を向けた。裏に向けてから…。

野上:おっ? ここからサイドを取っていって おお~ むけていく むけていく!

野上:うわ~ 一気にいく!うわ~ きた きた! むいた!これでフィニッシュ!

ハマ:これは 気持ちいい。

野上:ここから早かったですよね。

タモリ:もう これから一気に…。

ハマ:うわ~! うわ~ いいわ!

江里子:うわ~!

ハマ:うわっ いい! くぅ~!

野上:よいしょ!

ハマ:気持ちいい。 これ すごい。見れてよかった。いいもん見れた。

〈イカだけでなく魚もおろせる こちらの魚三枚おろし〉
〈そのすごさを確認するため 今回は阿佐ヶ谷姉妹の美穂が使い 同時にタモリが素手でイカの皮むきに挑戦〉

美穂:まず こうするの?

野上:いきますよ。 試技スタート。

美穂:まず抜くのね?

野上:さあ まず イカの頭を… おお やっぱりタモリさん慣れてます。

美穂:ああ~ 怖い 怖い!抜けた…。

野上:慣れてるタモリさんとこれが初めてだという美穂さん。

美穂:で? こっち?

野上:タモリさん もう すでに…。

江里子:見ながらじゃ明らかに後れを取るじゃない!

美穂:ど… どっち どっち?

野上:タモリさん 早い。エンペラを もう取りました。

江里子:エンペラを取って…エンペラを取るのよ美穂さん!

野上:いやあ… 手でむいた!早い!

野上:タモリさん フィニッシュ!

江里子:うわー! うわー!

ハマ:タモさん 早えな!

野上:これは早い。

江里子:ちょっと…。

ハマ:マジか。

美穂:これのせいじゃないです。私が ちょっとね…。

江里子:それはわかってます 美穂さん。ここにいらっしゃる方みんなわかってる… ええ?

美穂:難しい これ。エンペラの取り方がね もう すでにわからなかったんだものね。

タモリ:そうそう エンペラはこうやってまだ…。

野上:まだ ちょっと残ってます。

江里子:まだ そこに ほら 残ってるから。

タモリ:ここを根元から こう取ると…。

美穂:ああ!そうやると きれいに取れる?早い 早い!

江里子:ちょっと待って 皮が…。もう すでに皮が… ああ!早い 早い 早い!

美穂:ああ きれい! 一瞬で…。

江里子:早いですって!

美穂:早い! きれい!

江里子:名人 早い。

野上:ホント 名人ですね。

ハマ:名人。

空耳アワー

タモリ:誰が言ったか知らないが言われてみれば確かに聞こえる 空耳アワーのお時間がやって参りました。

タモリ:お相手は こちらの方です。

安齋:はい よろしくお願いします。

安齋:シリアル・キラーズっていう…。

タモリ:知らないです。

安齋:イギリスのデュオなんですけどそこから。

♪~

(一同 笑い)

タモリ:「あ タモリ:まあ ち○こはでかそう」…。

安齋:「あ まあ」っていうのはなんなんですかね。

タモリ:「あ まあ ち〇こはでかそう」…。

タモリ:まあまあ… これでしょう。

安齋:あっ はい。アハハハハ…!

タモリ:次 参りましょう。

安齋:エンリケ・イグレシアス。

タモリ:おお~。

♪~♪~

(一同 笑い)

タモリ:なんだ これ。

タモリ:「NUNCA SE TE」…。「NUNCA SE TERMINE」…。「ままならぬ」…。

タモリ:まあ でも まあ これぐらいじゃないですかね。

安齋:あっ いきましたね。

タモリ:まあまあ 面白いですよ これ。明るいしね。

安齋:明るいのが何よりですね。 はい。ハハハハ…!

タモリ:皆さん方もどんどん探して送ってください。

タモリ:宛先は こちらです。お待ち申し上げております。

快感度ナンバーワンの皮むき選手権 続き

〈皮と身をきれいにはがしたアボカド皮むき〉
〈分厚い皮を難なくむいたオレンジカッター〉
〈何重もの皮をカットする事でむく 竹の子カッター〉
〈トウモロコシの粒1列を見事に取った 粒取り名人〉
〈さらに 一瞬の妙技を見せたサクランボの種取り〉
〈そして 難敵 イカの皮をするっとむいた 魚三枚おろし〉

〈果たして 快感度ナンバーワンの皮むき器に輝くのは 一体 どれなのか?〉

タモリ:決め難いよね。

ハマ:決め難いですね… 難しい。

タモリ:審査不能です。

ハマ:審査不能ですか?

野上:じゃあ じゃんけんして決めてもらいますか?

タモリ:そうですね。

タモリ:最初はグー…。最初はグー! じゃんけん ポイ!

タモリ:あいこで しょ!

野上:残ったのはハッサクと竹の子! おーっと!

タモリ:最初はグー じゃんけん ホイ!

野上:勝ったのは ハッサク!
(拍手)

野上:伊澤社長 勝ちました!

エコノアート 伊澤さん: ありがとうございます。

タモリ:でも じゃんけんに勝っただけですからね。

(一同 笑い)

タイトルとURLをコピーしました